×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ほうれい線とは

ほうれい線とは、思い切り笑うことで表情に習癖がつき、それがそのまま消えない状態のことです。常時ならほうれい線とは笑顔をもとに戻すとともに消えるはずですが、消えないのが加齢じわで、年齢とともに深くなっていきます。

ほうれい線とは肌のコラーゲンが減少し、肌の弾力が失われてしまう老化現象です。ほうれい線ができないようにするには、たっぷり化粧水を与え、潤わせることが大切で、専用のアイクリームや、コラーゲンが入った化粧液などを使うのもいいでしょう。ほうれい線は30代までのお手入れの仕方で、それ以降のお肌の状態はかなり変わりますし、目の周囲の皮膚は薄いので念入りな手入れを必要としていて結構大変です。

ほうれい線とは一般的に40代になると要注意で、笑った後、ほうれい線が残って自覚するケースが多いです。防止の為に、日頃のアンチエイジングケアは欠かせませんよ。目の周囲にたっぷりと水分を与え、しっかり保湿するのが肝心です。ほうれい線は疲れていたり睡眠不足だったりすると余計に目立つので、日常生活のサイクルをきちんと決め、その上で水分補給や保湿をしましょう。ほうれい線は、深くなるとファンデーションでは隠せませんから・・・・

ファンデーションで隠せないほうれい線ができる前に、毎日きちんとケアをしましょう。ケアと言っても、アンチエイジング化粧品などを使って、毎日ほうれい線のお手入れをするだけです。それを面倒がってやらない人と、毎日念入りにやっている人を比較べると、ほうれい線がかなり違うことがわかります。

ほうれい線を完全に消すには、レーザーでコラーゲンを修復する手段や、フォトフェイシャルなど、高価な方法しかありません。あなたがもし20代なら、今からほうれい線のケアを初めてください。もし30代ならほうれい線を毎日チェックして、きちんとケアしてください。40代以降の深いほうれい線にも、お手入れは必要です。ケアによってほうれい線の進行具合がかなり違うので、怠らないようにすることが肝心です。ほうれい線を目立たなくすることを諦めないでください。

ほうれい線はどうして目立つ

ほうれい線が目立つようになる理由は、大きく分けてふたつあります。

・表情(顔芸というジャンルがあるように、時には笑いを誘うこともできます)筋の衰え
・肌の老化

この二つです。

まず、一つめの表情筋の衰えについて説明します。表情筋とは、顔の表情を作る際に動く筋肉です。顔の筋肉を動かすことによって、人間は表情を作っています。

しかし、あまり表情を表に出さないと、表情筋は利用される事がありません。すると、段々と表情(乏しいと人間関係が悪化しやすくなるかもしれません)筋が衰えてきて、ほうれい線ができやすくなります。

また、加齢と共に表情が乏しくなってくる傾向があるため、ほうれい線(口の横にあるハの字のしわをいいます)が目立ちやすくなってしまうでしょう。

できるだけ、表情豊かに過ごすことで、表情(あまり感情を出さないと、暗い、何を考えているかわからないといわれてしまうことも少なくありません)筋の衰えを予防することができます。

次に、二つめの肌の老化についてです。年をとることで、どうしても若い頃よりも肌の新陳代謝が鈍くなって、シワが出来やすくなります。それに、コラーゲンなどが不足しやすくなるため、ハリや潤いがなくなって乾燥しやすくなり、その乾燥がシワを招くのです。ですから、化粧品などで、なるべく乾燥を防ぐようにしましょう。

目じりのしわと皮膚老化対策の関係

目じりのしわは皮膚の老化のサインでもあります。40代頃から出てくる目じりのしわは深く、ファンデーションをつけるとかえって目立つと言うところもにもなりかねません。目じりのしわの皮膚老化対策は、抗加齢の化粧品を使ったり、定期的にエステサロンに通ったり、自分でマッサージしたりする事により、進行を緩めることが出来るはずです。

まず目じりのしわが皮膚(ケアを怠ると、シミやシワ、吹き出物などができてしまうことも少なくありません)老化のサインで、他にも首のしわやほうれい線なんかも皮膚老化といえるでしょう。目じりのしわと皮膚老化対策の関係は深く、鏡をみて頬を引き上げたときの顔が、普段の顔とあまりにもことなっていたら、間違いなく皮膚(キレイだと男性に好?象を与えられるでしょう。キレイであるのにこしたことはありません)は老化して垂れ下がっています。こうなる前に目じりのしわの皮膚老化対策をしましょう。



目じりのしわの老化対策は、一番手っ取り早いのがボトックス注射です。ハリウッド女優なども行っている注射で一時的に目じりのしわを消してくれるでしょうが、半年から1年で元に戻ってしまう為、継続的な注射が必要になってきます。目じりのしわにはエステサロンも効果的です。

皮膚老化に適したアンチエイジング(女性だけでなく、男性のためのアンチエイジング商品もたくさん発売されています)ケアをしてくれますから、何度か通ううちに目じりのしわも気にならなくなりきますが、これも一時的なものです。目じりのしわの皮膚老化対策の継続にはどうしたら良いのでしょうか。やはり規則正しい生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)と質のいい睡眠、偏りのない栄養が欠かせません。

目じりのしわが目立つと、顔全体が老けて見えます。それに目じりのしわがあるということは、ほかの部分も皮膚(年をとるにつれて、トラブルが起こることも多くなります。また、新陳代謝のスピードも低下してしまうものですよね)老化していると思っていいでしょう。目じりのしわは皮膚(実は常在菌がいるそうです。そう考えるとちょっと怖いかもしれません)老化のサインですから、早速皮膚(何でもないときにはあまりに気にしないことも多いですが、一度トラブルが起こってしまうとものすごく気になるものです)老化対策を取らなければなりません。目じりのしわに気づくように、毎日自分の顔をしっかり見ておきましょう。